ベルサアクセスコントローラ (制御器)

非接触IDキーを使用して、電気錠や自動ドアを解錠するシステムです。
使用するIDキーによって3種類のシリーズをご用意しています。

VERSA Access Controller

非接触IDキーを使用して、電気錠や自動ドアを解錠するシステムです。
ハンズフリー通行を可能にしたRaccessシリーズ、キーをかざして使用するノンタッチシリーズ、FeliCa、MIFARE Plusに加え、スマートフォンをカギとして使用するリーダもあります。

※ベルサアクセスコントローラは、共用エントランスシステム制御器の総称です。

CMRS2(CMNT/CMFL)- 211型 CMRS2(CMNT)- 210型

CMRS2(CMNT/CMFL)- 211型
CMRS2(CMNT)- 210型

CMRS2(CMNT/CMFL)- 311型

CMRS2(CMNT/CMFL)- 311型

利用可能なIDキーによって3種類のリーダをご用意しました。

Raccess(ラクセス)シリーズ

共用エントランスでハンズフリーを実現

Raccess(ラクセス)シリーズの画像
詳細はこちらから

ノンタッチキーシリーズ

キーをリーダにかざして解錠

ノンタッチキーシリーズの画像
詳細はこちらから

FeliCaシリーズ

カードやキーをリーダにかざして解錠

FeliCaシリーズの画像
詳細はこちらから

LAN接続により最大64ゲートを管理可能。

ベルサアクセスコントローラはLAN接続により最大8台接続することができます。
CMRS2(CMNT/CMFL)-311を8台接続すると最大64ゲート管理することが可能です。

LAN接続により最大64ゲートを管理可能の図版

1住戸の管理ID数を最大99個まで拡張可能。

1住戸あたりの管理ID数は8個ですが、管理PCソフト(VERSA Manager)を使用すると最大99個まで対応可能となります。
マンションの一室を事務所として使用する場合に最適です。

(注)
CMFL-211、311(FeliCa FKL運用)は99個までの拡張はできませんのでご注意ください。
1住戸の管理ID数を最大99個まで拡張可能の図版

制御器とPCを接続しなくても、USBメモリを使用して登録情報の設定が可能。

管理PCソフト(VERSA Manage)を使用することで、USBメモリを用いて登録情報を制御器に転送することができます。
また、USBメモリを用いて制御器から登録情報を吸い上げ、VERSA Managerに入力することもできます。

(注1)
VERSA Managerに制御器のパスワードが設定されている必要があります。
(注2)
設定済み制御器とVERSA Managerの間でデータの入出力を行う場合、制御器タイプが一致している必要があります。
制御器とPCを接続しなくても、USBメモリを使用して登録情報の設定が可能の図版
ベルサアクセスコントローラのWEBカタログはこちら
  • ※FeliCaはソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。FeliCaはソニー株式会社の登録商標です。
  • ※MIFARE Plus®はNXPセミコンダクターズ社の登録商標です。

錠の交換 メンテナンス 新規取り付け

困ったときは、お近くのサービス代行店(SD店)

下記項目から該当項目をお選びください。お近くのSD店を検索できます。

①住所をお選びください[必須]

②取り扱い項目をお選びください

郵便番号・フリーワードで検索される場合はこちら