その他の場面での注意点

  • 企業サイトはこちら

ハンドルやノブにぶら下がったり、足場や手すり代わりにしないようご注意ください。

ハンドルやノブは回転しますので、ぶら下がったり、足場や手すり代わりに使うと、握りそこなって転倒したり滑り落ちてケガをしたりして
しまうなど大変危険です。事故に至らなくても、無理な力が加わり取り付け状態が狂い正常に機能しなくなったり、錠前が破損するおそれもあります。
また、扉の周囲で身体を保持することが必要な場合は、別途手すり等を設けていただきますよう、お願いいたします。

レバーハンドルの上に乗ったり、ぶら下がって遊ぶことは大変危険ですのでおやめください。 勝手口等の足場の悪い場所には、手すり等を取付けることをお勧めします。 レバーハンドルを手すり代わりにご使用になることはおやめください。
 

ハンドル、ノブ、ラッチボルト、フロント、ストライク等にぶつからないようご注意ください。

ストライクの穴部やハンドルと扉の隙間に指や腕などの身体を差し入れることは、擦傷・骨折などのおそれがあり危険です。
また、錠前には他にも尖った部品やフック状の部品、また穴になっている部分などがありますので、扉を通過する際には身体や衣服などが部品に接触しないようご注意ください。

錠ケースフロントのビス

ご同行の方にもご配慮いただきますよう
お願いいたします。また、ゆるんだねじの
頭やねじ緩みで部品が出っ張っていると、
使用者が大きな傷を負うこともあり得ます。
外れかけた部品やゆるんだねじを見かけた
ときには、ねじの締め付け・増し締めを
お願いいたします。

 

扉の急激な開閉にご注意ください。

強い風が室内を通り抜けているときや、レンジフードの作動で室内外の気圧差があるとき
には、扉が勢いよく開いたり強く閉まったりすることがあります。
急な扉の動きが原因で、ハンドルなどに引かれて体勢を崩し転倒したり、扉に身体を挟
まれたり、錠前部品に強く接触する等の事故につながるおそれがあります。
風に押された扉は想像以上に早く強い力で動きますので、急な扉開閉のおそれのある環境では、お子様やご高齢の方は単独で操作しない等、ご配慮をお願いいたします。
扉に関する情報は下記もご参照ください。

社団法人 サッシ協会
http://www.jsma.or.jp/Top/Use/tabid/107/Default.aspx

 

扉の開閉スピードは調整してください。

次へ

合鍵のご注文・鍵交換・取り付けなど

困ったときはまずサービス代行店(SD店)へ!

お近くのサービス代行店(SD店)を簡単検索

MIWA
Copyright(c) 1995-2017. All rights reserved by MIWA LOCK.