MIWA LOCK

富田 俊彦氏 【プロからのアドバイス】

防犯と安全生活の視点から、防犯対策の専門家のお2人に、手軽にできる防犯テクニック、防犯に対する心構えをお伺いしました。
安全生活アドバイザー佐伯 幸子氏のアドバイス

「CP認定補助錠のススメ」
我が家の安全と安心を買うという発想を!

防犯アドバイザー

富田 俊彦 氏

(社)日本防犯設備協会 特別講師。
通算26年間警視庁刑事部捜査第三課において、窃盗事件捜査に従事。
特に、被害現場に臨場して、侵入手口の分析、同一手口事件の把握などの手口捜査を担当する。
現在は、(社)日本防犯設備協会の特別講師として、防犯のための公演を全国で行っている。

ピッキングだけではない!進化する空き巣手口

近年、空き巣被害は巧妙化、悪質化の一途をたどり、その手口は日々進化し続けています。
ピッキングによる侵入犯罪は減少しましたが、加工した針金などの解錠道具でサムターンを回す特異な侵入方法や、バールでドアをこじ破る等の侵入犯罪も相変わらず発生しており、泥棒が侵入方法を常に研究して弱い個所を狙ってきていることがうかがえます。

現在、取り付けられている錠前が、今発生している侵入手口に対応しているのか検証してみると、不安に感じる方が多いのではないでしょうか。
「セキュリティにお金をかけるべきだ」「安全はただではない、買う時代だ」といわれていますが、具体的に、どこにお金を掛ければよいのか、どの錠前を選んで取り付けるのがベストであるか等、正しい情報を得て、確かな対応をすることが求められています。

防犯の鍵はCP補助錠で1ドア2ロック

CP

防犯対策で1ドア2ロックは必要不可欠ですが、単に「錠前が2つ」ついていれば良いのではなく、2つめの錠前は、現在の侵入手口に対応した防犯性能の高いCP認定の補助錠を取り付けることが大切です。
CPとは防犯という意味の英語、Crime Preventionの略で、これは「侵入に5分以上を要する防犯性能の高い建物部品」の共通商標です。
警察庁、国土交通省、経済産業省および建物部品関連団体が設置した「官民合同会議」による厳しい防犯性能試験をクリアした製品だけが、このCPマー クを表示できます。

我が家の安全を買うという発想を

空き巣の約7割が侵入までに5分以上要すると犯行を諦めるという統計もあり、この5分間の侵入抵抗を防犯対策の目安として考えることができます。
「鍵(錠前)選びの基準ってわからない!」そんな疑問に答えてくれるのがCP認定の錠前なのです。

錠前は、あなたとあなたの大切な家族を守る「防犯の要」ですから、鍵の取り付けや交換の以来は街の信頼できる鍵屋さん、美和ロックサービス代行店に気軽に相談をしてみるのも良いでしょう。
プロの適切なアドバイスを受けて、取り付ける場所、環境、犯罪の発生状況を検討し、目的に応じた防犯性能の高い錠前を選択して、確実に取り付けることが重要です。

「我が家の安全と安心を買うこと」とは、防犯性能の高いCP認定錠の性能と必要性を正しく理解して取り付けることから始まるといっても過言ではありません。
CP認定の補助錠を取り付けて、ご自宅の防犯力を高めましょう!

合鍵のご注文・鍵交換・取り付けなど困ったときはまずサービス代行店(SD店)へ! お近くのサービス代行店(SD店)を簡単検索

都道府県・市区町村から探す
郵便番号から探す
-
Copyright(c) 1995-2017. All rights reserved by MIWA LOCK.