ケース(錠箱)

  • 企業サイトはこちら
  • 鍵と防犯の用語集

    ケース(錠箱)

    錠前の機構の部分が納められている箱型の部分。 ドアの中に納める彫込型とドア面に取付ける面付型があります。

    彫込み型はドアの中にケースを収める形式で玄関などの外回りから、書斎、寝室など施錠の必要な個所に広く使用され、錠の部分がドアの表に出ないので、すっきりとしたデザインになります。

    面付型は、ドアの内側に錠箱が出るタイプ。外側より奥に錠が位置するので、破壊攻撃に対する安全が高く、補助錠や集合住宅の玄関ドアに多く採用されています。

    合鍵のご注文・鍵交換・取り付けなど

    困ったときはまずサービス代行店(SD店)へ!

    お近くのサービス代行店(SD店)を簡単検索