施錠の心構えと被害の実情【ママの防犯術@】

  • 企業サイトはこちら

最新の防犯対策

ママの防犯術@

施錠の心構えと意外に知られていない被害の実情

警察庁の最新データを見ると、
空き巣の侵入手段で一番被害数が多いのは無施錠です。
「カギをかけていないところに入るくらい簡単なことはありませんね」
というのは、安全生活アドバイザーの佐伯幸子先生。被害に遭っているお宅の多くは、
カギをかけ忘れた、普段からカギをかけていなかったということになります。
カギのかけ忘れを防ぐための考え方を、佐伯先生はこう提案します。
「金庫って貴重品を入れますから、カギがかかっていて当たり前ですね。
必要なときにだけ中身を出し入れします。ですから住まいも家族の大事な命と財産が
入っている金庫と考えてみるのはどうでしょう。
カギは『かける』ものではなく、出入りする時だけ『開ける』ものと考えるのです」。
なるほど、このように意識を変えれば、カギのかけ忘れも防げそうです。
ここで佐伯先生から施錠の心構えについて、わかりやすい格言をいただきました。

空き巣被害というと、物を盗み取られてしまう、
家を壊されるなどの物理的な被害がクローズアップされがちですが、
実はもうひとつ、忘れてはいけない大きな被害があるそうです。
それは被害者が心に負う傷です。
「なぜ私だけがこんな目に遭うのか……」と被害者は心に大きな傷を負い、他人に嫌なことを
された自分が いつまでも心に残る人もいるといいます。
佐伯先生は空き巣被害に遭ったある女性の話を教えてくれました。「彼女が帰宅すると、
かけたはずのドアのカギが開いていました。不審に思いながら家の中に足を踏み入れると……、
彼女の目に映ったのは、めちゃくちゃにされた自分の部屋。
その日は警察が来ても、怖くて家に入れません。その後も彼女は被害を思い出しては
涙を流す日々を過ごしました。さらには『買っても、また盗られてしまう……』と大好きだった
ショッピングができなくなりました」。
被害者の心理的なショックは、その後もずっと続くのですね。
防犯とは、「自分自身の大切な自尊心を守ることでもあります」と佐伯先生。
カギかけは防犯の基本です。愛する家族と自分自身、そして財産を守るためにも、
ママはしっかり施錠をしましょう。

教えてくれたのはこの先生!!

安全生活アドバイザー。
92年より「頭を使って身を守る方法〜知的護身術」を提唱。
子どもや女性、住まいの安全対策を中心に、暮らしの中の
あらゆる場面での危険を指摘、排除する方法をわかりやすく解説。

危機管理のスペシャリストとして、講演やTV出演をする一方、
執筆や講演活動を展開。

「狙われやすい家」にしないためにはどうすればいい?
ドロボーの視点でわが家を見るコト!

テレビや新聞で毎日のように、いろいろな事件が報道されていますが、自分の家と似ている
状況で起きた事件には敏感になってください。大事なことは、どんな家が狙われやすいのか?
ではなく、「わが家は狙われやすい家なのかどうか」ということです。家の図面をチェックし、
わが家を診断してみましょう。ドロボーの視点に立ってわが家を見ると、見えることがあります。
玄関や窓はもちろん、出入りができるところは全て侵入口になりますよね。さらには住んでいる
エリアはどうか、わが町の防犯事情はどうなのかを知りましょう。今の時代、知りたい情報は
インターネットで検索すれば、いくらでも出てきます。

“ワンドアツーロック”が基本です!

ドロボーは少しでも簡単に入れる家を探します。カギが1つしか、かかっていない家より2つ
かかっている家の方が入りにくいですよね。カギを2つつけることで、単純に侵入にかかる
時間は2倍になります。警察庁のデータでは、侵入に5分以上かかる場合、空き巣の約70%は
犯行をあきらめるそうです。空き巣に「入りにくい家」と思わせることが何よりも大事なのです。
また、防犯性能の高い建物部品にのみ与えられる「CPマーク」付きのカギにすることも
オススメします。

パパの帰宅時間が遅くて夜が不安。
家の中も外も明るく照らす!

悪いことをする人は明るい場所を嫌います。人目につきたくないからです。ひったくりや空き巣
犯罪の多い地域が、街をあげて玄関灯を夕方から朝までつけたところ、犯罪率が下がったと
いうケースがあります。同じように、家庭でも玄関灯などをつけておくことは、
非常に有効な手段です。

具体的にどんなことを子どもに身につけさせたらいいの?
施錠の習慣づけをしましょう!

安全作法の次は施錠の習慣づけです。家を出るときはもちろん、帰ってきて、家に入るときにも
カギをすぐにキチンと閉めることができるようにしてあげましょう。よく家を出るときに「カギを閉
めた?」というフレーズを使う人がいますが、それは「家を出るときにだけ、カギを閉めればいい」
という意味にもとらえられますよね。家に人がいてもいなくても、玄関のカギは常に閉まってい
て当たり前という発想をママにもお子さんにももってもらいたいですね。

佐伯先生オススメの防犯アイテム「ChecKEY」

「ChecKEY」は、カギの開け閉めを色で確認することができる防犯
アイテムです。カギの種類によって違いますが、白色は解錠、オレ
ンジ色は施錠といったように、そのカギの開け閉めの行為によっ
て、小窓の色が変わります。「カギを閉めて、ChecKEYの色を変え
てね」と言えば、ママも子どもに教えやすいし、子どもも理解しやす
いですよね。子どもが「ChecKEY」を使用することで、進んで施錠
をしてくれるようになるといいですね。子どもだけでなく、出先で、
「あれ、カギ閉めたかな?」と不安になってしまうママにもオススメです。

Checkey